メールマガジン

セックスレス解消研究所の無料メールマガジンのご紹介です☆

セックスレスで悩むあなたに送る、セックスレスを解消して幸せな二人になる方法をご紹介いたします。
信頼と愛情あふれる二人になるために、セックスレスをまじめに考えるメールマガジンです。

日本最大のメールマガジンスタンド「まぐまぐ」と、それに次ぐスタンドである「メルマ!」の両方で好評配信中です。

 

タイトル
セックスレスを短期間で解消する幸せノウハウ
発行者
リョウ
発行
[ まぐまぐ! ] [ メルマ! ]
 ●まぐまぐ!
http://www.mag2.com/
 ●メルマ!
http://melma.com/
 

 

メルマガ登録

こちらのフォームにメールアドレスを記入して送信ボタンを押しますと、
メールマガジン登録が出来ます。
その後月に1~2回程度、セックスレス解消のメールマガジンがメールで届きます。
完全無料ですのでお気軽にどうぞ♪

 

「まぐまぐ」メルマガ登録 ↓↓

メルマガ購読・解除
セックスレスを短期間で解消する幸せノウハウ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

 

最近の過去メルマガ


こちらのページへ

 [ → 過去メルマガページ ]

 

メルマガ最新号

 

■第208号 2020年2月7日発行

 

 


 ●●========================●●
セックスレス解消研究所 メールマガジン
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
~短期間で解消するための幸せノウハウ~
 ●●========================●●



セックスレスを短期間で解消する方法をご覧になってみませんか♪
      ↓↓
http://www.ominolab.com/


=============================
■ このメールマガジンの趣旨

 セックスレス解消と、幸せな二人の関係を作りたいあなたのために、
セックスレスをまじめに考え、その解消法や原因、効果的な方法などを、
カウンセラーのリョウが長い研究と深い理論からご紹介します♪

=============================




こんにちは。
カウンセラーのリョウです。(^^)






ところで、


セックスレスの状況は夫婦により様々ですので
セックスレスを解消するのが難しい理由も様々にあります。


そこで、難しい理由の中の一つに、

「相手がセックスをしたくなってくれるにはどうしたら、
と考えすぎてしまう。」

という点が時にあります。


どういうことかと言いますと、

セックスレスで悩んでいる時には、
相手がセックスをしたくなってくれるにはどうしたらいいだろうか、

というのは当然考えることですし、
それこそがセックスレス解消の一番の問題点だと思うものです。


それはもちろん悪くありませんし、必要な要素でもあります。


でも、「セックスをしたくなってくれるには」
というところに考えが偏りすぎると、
時に行き詰まってしまうことも多くあります。



たとえば、
妻がセックスをしてくれなくて悩んでいる男性が、

「どうしたら妻はセックスをしたくなってくれるだろう」

と悩んでいるとします。


過去には、
「もっとセックスを好きになろうとしてよ」
とか、
「僕のしたい気持ちも考えてよ」

など、強めの口調で妻に伝えたこともあります。


しかし妻の様子は変わってくれず、

「妻はちっともセックスを好きになってくれない、、、」

と男性は悩みます。

その気持ちはとてもわかりますよね。



ただ一方で、
多くの女性が持っている理屈に、

「私の気持ちを理解して欲しい」

「男性が自分の欲ばかり考えている、ことに拒否感を感じやすい」

という点が大きくあります。


この妻からするとこの夫である男性の言動は、

「私の気持ちを考えてくれず、自分の欲ばかり主張してくる。」

というように強く感じてしまっていて、
それゆえに夫とのセックスに拒否感が強まっている、

という可能性が大きくあります。



この夫は、この妻の理屈への配慮を持って
妻への伝え方を変えてみますとだいぶ違ってくるところがあります。


つまりたとえば、


「君の仕事が忙しかったり疲れていたりすると
なかなかセックスをしたい気持ちにはなれないよね。」

「僕がセックスで自分がしたいことばかり要求してしまったことも
君がセックスから気持ちが離れてしまった理由にあるよね。
悪かったと思っている。」


などのように、


「もっとセックスを好きになって」
という主張ばかりではなく、



女性が現在セックスをしたくない気持ちに理解と共感を示す



という男性からの伝え方は、
女性の気持ちとして感じ方がかなり変わってきます。


その上で、
でも全く君と触れ合えないのは僕も辛いから、
君の無理のない時でいいからたまに受け入れてくれたら嬉しい、

と伝えたら、もしかすると

「それならいいよ」

と言ってくれるかもしれません。


その後、夫は私の気持ちを考えてくれている、
という信頼感が回復していけば、

セックスについてもより進展していけます。





次に逆の状況として、

夫がセックスをしようとしないことを妻が悩んでいる、

というケースについてです。



実のところ、とても多くの男性が、

「妻をセックスに誘うかどうか」、

「妻とのセックスでどうふるまえばいいか」、

などについて「非常に気を使う」と感じています。



女性が想像するよりも男性は、

「したくなったら妻を求める、わけではない」

というところがあります。


多くの女性は、

夫が私を求めなくなった、夫がセックスをしようとしなくなった、

という時には、自分の女性としての魅力、や、彼の私への愛情、
に大きな不安を感じます。


そんな中、実は男性の理屈としては、
「気遣いに疲れている」

ということがよくあります。


そもそも、女性が夫の愛情に不安を感じている時、

思っているよりも多くの男性が

「本当は妻と仲良くしたい」

と考えている、というのも大きな事実としてあります。


ただ残念ながら、
女性がセックスの悩みを夫に訴えるだけ、ばかりだと、
夫はより二人のセックスに気遣いが必要だと感じてしまうという
悪循環が起こってしまう夫婦は少なくありません。


女性の辛い気持ちをわかってもらいたいというのは必要なことで
悪くありませんし、それも強い気持ちです。

ただ一方で、

毎回批判的だったり、

また、先程のように
「彼をその気にさせるには」
という考え方ばかりだと行き詰まりやすくなる、

というところはあります。


そこで、

男性が、気遣いをあまりしなくてよい手助けをしてあげる、

という発想は一つとして時に効果的です。



男性が、妻とはせずにエッチな動画を見て一人でしている、
というのはよくあるケースで、妻はとても辛い気持ちになりますが、

男性がよく言う理由に「気を使わなくてもいいから」、
という理由がとても多くあります。


男性がそういうことをしたくなった時、
気軽に妻と出来るなら妻としたい、と思う男性は思っているよりいるはずです。


「何かその気になった時があったら、私を誘ってくれたら嬉しいよ」
とか、
「そんな気分の時、言ってくれたら手でしてあげようか」

「そういう時気軽に言ってくれていいよ」

という感じに明るく伝えてみるのも良い考え方です。


最初は言う方も言われる方もとまどいがあるかもしれませんが、
一回二回実行出来て気持ちが馴れると、


「彼をその気にさせるにはどうしたら」
という方向で「オシャレやムードに気をつけて」
などを考えていた時には全く感じられなかった可能性や希望を
大きく感じられたりします。




繰り返すようですが、

相手に対して

「セックスを好きになって欲しい」
「セックスをしたくなってもらいたい」

と望むことは良い事ですし、それはそれで大事な要素です。



ただ同時に、相手の理屈に少し気付けると
大きく違ってくるものがあったりしますね☆





 (^^)y









☆セックスレス解消の理屈と効率的な方法を詰め込んだ

「セックスレス解消法ブック」

も、よろしければご覧になってみませんか-☆

   ↓↓
http://www.ominolab.com/





/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

 ★★ 今回の 幸せプチ格言 コーナー ★★
 
 ここでは、幸せな男女関係を続けるためのちょっとした一言ポイントを
お伝えするコーナーです。
当たり前のようでも忘れてしまう、時に大事なポイントをご紹介です♪


今週の一言はこちら↓


 ■■ お菓子をねだる子供と親 ■■



スーパーマーケットなどで、
子供がお菓子を買って欲しいとダダをこねて、
それに対して親が激しく怒っている、

なんて光景はよくあるものです。


こういった時、子供がお菓子を欲しがることがそもそも
の問題点のように見えますが、

ただ、子供がお菓子を欲しいと言うことだけでは、
実は、親の方もそんな嫌なこととは感じません。


仮に子供が穏やかに「お菓子を買ってくれたら嬉しいな」と言い、

親が
「今日のところはこっちの小さなお菓子一つでもいい?」

と言っても、素直に
「わかった、ありがとう!」
と子供が答えたなら、親も穏やかなまま、むしろ
かわいいな、とすら思うかもしれません。


しかし、
子供が絶対に自分の欲しいお菓子じゃなきゃ嫌だと
早々にダダをこねはじめて叫び出したりすることで、

すぐに親のイライラのスイッチも入ってしまいます。


問題の肝心なところは、子供がお菓子を欲しがることそのもの、
ではないわけです。




一方の子供の側の理屈として、

お菓子を食べたいのをなかなか我慢できない、という理由も確かにありますが、
それと共に

最初から一切を拒否して聞く耳をもってくれない親の態度に対して

「自分の気持ちをわかってもらえない」「一向に親に伝わらない」

という悔しさと辛さによって、子供はそれをわかってもらうために
激しく叫んだりダダをこねたりするところがあります。


大人は叫ぶ子供を見ると、「そんなにお菓子を我慢できないのか」
とだけ思ってしまうことが多いですが、

「どうしたら親に少しでも伝わるんだろう」
という辛さと戦っている、と解釈してあげる必要もあるものです。





これらの親と子供に起こる理屈と似たものは、
夫婦間においても起こったりするものです。


そして、この話の要点は
「とにかく穏やかに話をすればよい」
ということではありません。

自分の辛い気持ちを伝えるために、時に強く言う必要が
ある時もあるでしょう。


ただ、強い言い合いの中でも、
自分たちが何を問題にしているのかを見失っていることがあります。



子供と大人では全く同じというわけではありませんが、
時にこういったところを考え直してみてもよいかもしれません♪





(^^)y



/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_




━┳━━━━━━━━━━━━━━
  PR
「セックスレスを短期間で解消する幸せノウハウ!」
   
「もしこうならしてもいい」拒否する人の本当の気持ち-

  はこちらです ↓

   http://www.ominolab.com/


━┻━━━━━━━━━━━━━

━┳━━━━━━━━━━━━━━

  姉妹サイト ↓

   http://kbsp.ominoconsul.com/


━┻━━━━━━━━━━━━━━

 ☆セックスレス解消メールマガジン 第208号
━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● 発行人  山本 亮
 ● メール  kopuku@jcom.home.ne.jp
 ● ホームページ  セックスレス解消幸せノウハウ
      http://www.ominolab.com/
      http://kbsp.ominoconsul.com/
 ● 発行スタンド  まぐまぐ! http://www.mag2.com/
 ● 登録・解除   http://www.mag2.com/m/0000227907.html
━━━━━━━━━━━━━━━━